学会

2018.05.02 日本在宅医学会(第20回)

品川のグランドプリンスホテル高輪で開催された「日本在宅医学第20回記念大会」に医療法人社団さくらライフ各クリニックから医師、看護師等が参加し、日頃の研究成果を発表しました。また、さくらライフ錦糸クリニック松枝院長が座長としても参加しました。

「統合失調症により社会性が欠如し、長年医療介入を拒否している患者のリカバリーは可能か?:多職種連携によるアウトリーチ支援の意義」

松枝啓1)、小比類巻智子2)、加藤正徳2)、下野愛佳2)、木村能久2)
1)医療法人社団さくらライフ錦糸クリニック院長
2)医療法人社団さくらライフ錦糸クリニック

「在宅における、携帯型超音波診断装置を用いての心臓機能及び心不全のスクリーニングの検討」

石川昌弘1)、中田賢一郎2)、林高太郎3)
1)医療法人社団さくらライフ市川
2)医療法人社団さくらライフ理事長
3)医療法人社団さくらライフ市川院長

「在宅医療における、嚥下機能、栄養状態と身体機能の関連」

石川昌弘1)、中田賢一郎2)、林高太郎3)
1)医療法人社団さくらライフ市川
2)医療法人社団さくらライフ理事長
3)医療法人社団さくらライフ市川院長

「未治療精神症状が強い患者の症例報告と課題~導入から治療まで~」

鈴木貴子1)、中田賢一郎2)、林高太郎3)、石川昌弘1)、小林誠子1)
1)医療法人社団さくらライフ市川
2)医療法人社団さくらライフ理事長
3)医療法人社団さくらライフ市川院長

PAGETOP
Copyright © sakuralife clinic All Rights Reserved.